2013年11月11日

「武田史子展」始まります。

dm.jpg

11月16日(土)から武田史子展開催します。
武田さんの個展は今回で11回目。一番長くウオーターマークとお付きいくださっている作家さんのひとりです。
前回、国立での個展は2年半前、311のすぐ後でした。
当時の自分自身の気持ちの揺れを思い出し・・、その時のブログです。
こうして再び開催できることに感謝です。
「忘れられない1週間」

今回の武田さんの最新作はどれも力作ばかりです。
表現がどんどん深みを増しています。どの作品もDMに使いたいくらいでした。

komorebi.jpg

武田史子 銅版画展
11月16日 〜11月24日 12:00-18:30
武田さんは17日(日)と24日(日)在廊予定です。
★11/18(月)は休廊です。
WATERMARK arts & crafts  186-0002 東京都国立市東2-25-24-2F 042‐573-6625
武田さんのインタビュー
→前回2012年ギャラリーFUUROでの展覧会のブログ

Paeonia lactiflora.jpg


posted by shimizu_noriko at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | prints 版画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月12日

竹崎勝代新作展 10/14までです。

IMG_0016.jpg

IMG_0002.JPG

IMG_0025.JPG

IMG_0020.JPG

IMG_1515.jpg
竹崎さん大阪から日帰りで来て下さいました。ギャラリーみるめオーナー森さんご夫妻とイラストレーターの向田れんさんと。

08_s.jpg

最終日14日は17時までです。
ギャラリーみるめ 11:00-18:00
〒182-0024 調布市布田 2-32-8 TEL:042-488-2120  
1階ギャラリー、2階カフェコーナー。
http://mirume.com/gallery/


posted by shimizu_noriko at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | prints 版画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月26日

北武記念絵画館 「岩切裕子/古谷博子展 」

68543_554226517961328_820640435_n.jpg

先週6/16で終わってしまいましたが、札幌の北武記念絵画館での二人展の模様。岩切さんが写真を送って下さいました。

DSC_0564.jpg
北武記念絵画館 正面(札幌市豊平区旭町1丁目1−36)
北武グループ会長、小西政秀氏のコレクションを主体として平成8年設立されたそうです。
http://www.hokubu-kinen.or.jp/profile/index.html

DSC_0556.JPG
DSC_0505.JPG
絵画館は3階建ての広々とした、静かでとても贅沢な造り。
古谷さんの作品が3階に、岩切さんの作品は2階にゆったりと掛けられていて、バッハのピアノ曲が流れていて、居心地の良い空間。

DSC_0496.JPG

DSC_0526.JPG

岩切さんの新旧の作品をたくさんコレクション下さっています。
何年後かには、再び岩切さんの個展をご予定くださっているとのこと。
その時にはぜひ伺いたいと思っています。


posted by shimizu_noriko at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | prints 版画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月16日

しあわせを運ぶ人

大変好評のうちに、ギャラリーみるめでの「坪内好子展」、昨日で終了しました。
いらして下さったみなさんが 作品を見て、とても幸せそうなご様子でした。
多くの方にもらわれて行きました。それぞれのお家で、さらに幸せがふくらむのでしょう。
自分が作り出した世界で、人を幸せにできるなんて、ほんとうにうらやましく思います。

2013TsubouchiYoshiko.jpg

引き続き、国立でも開催します。

坪 内 好 子 展 「幸せを運ぶ人」2013年4月18日−27日 *水休み  11:00−18:00 Watermark arts and crafts>> 
*坪内さんは4/21と4/27の午後在廊予定です。

国立ではなんと5年ぶりの個展です。大学通りは新緑でまぶしいくらいです。
お待ちしております。

* IMAGINE FUKUSHIMA 一部の作品の売り上げを福島復興の為に寄付いたします。
*「未来郵便局」も設置しています。
開発好明さんの「未来郵便局」は、来場された方が会場に用意した便箋と封筒を使って、一年後の自分自身、あるいは大切な人に向けて手紙を送るものです。

*坪内さんのご主人がシェフ(マダムは坪内さん)の北鎌倉のビストロ、「ラ・ペクニコヴァ」
Hanakoの最新号に紹介されています。
http://peknikova.com/(要・予約です。)

posted by shimizu_noriko at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | prints 版画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月08日

坪内好子さん

IMG_1997.jpg

先週末の土日は、気象庁による天気大荒れ宣言、「不要の外出控えて下さい」の呼びかけの影響で、これは寂しい週末になりそうだと覚悟してました。
でもふたを開けてみると、予想外のお客さま。しかも作品をお求めにいらっしゃった方が多くてびっくりしました。
皆さん、坪内さんの作品をご覧になるのを本当に楽しみにしていらしたようです。

IMG_1956.jpg
坪内さんの作品は人を惹き付ける普遍的なものを持っているのでしょう。
懐かしさだったり、人が大事にしてきた古き良きもの、工芸的な美しさ、物語を感じる絵柄、子供の頃描いた夢・・それらが詰まっているように感じます。

tsubouchi yoshiko.JPG

7日は坪内さんも会場に。
この後 4/14(日)もいらして下さる予定です。

国立でも開催します。
坪 内 好 子 展 2013年4月18日−27日 *水休み 11:00−18:00 Watermark arts and crafts 
新作小品を中心に展示いたします。 
坪内さんは21日(日)と27日(土)の午後在廊予定です。

posted by shimizu_noriko at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | prints 版画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月06日

時間旅行

tydm.jpg

watermarkの企画で、ギャラリーみるめさんで開催していただいています。
坪 内 好 子 展  -時間旅行-
2013年4月5日−15日 *水休み 11:00−18:00 最終日17時まで
ギャラリーみるめ(調布)東京都調布市布田2−32−8 http://mirume.com/ 042−488−2120

坪内さんは4/7と4/14午後在廊予定です。
大きな作品を中心に展示しています。

IMG_1975.jpg

IMG_1981.jpg

IMG_1985.jpg

IMG_1947.jpg

IMG_1940.JPG




posted by shimizu_noriko at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | prints 版画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月28日

桜の開花とともに始まり、只今、花吹雪中 「四重奏」明後日までです。

130322_1443~01.jpg

IMG_1877.jpg
桜の樹々に囲まれたギャラリー、贅沢です。

IMG_1869.JPG

IMG_1869.JPG
「果樹園」(部分) 坂の向こうに広がる世界は、自分だけのイメージです。

IMG_1854.JPG
厚みのあるアクリルボックスに入っています。影が面白い。

IMG_1870.JPG

IMG_1864.jpg
「四重奏」(部分)

IMG_1867.jpg
「Schloss Kammer」(部分)

岩切裕子「四重奏−quartette」
3月30日(土)まで
11:00−18:00 
岩切さんは 3/30の午後在廊予定です。

posted by shimizu_noriko at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | prints 版画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月19日

カルテット ー四重奏

「透き通った鋭い高音、深く漂う重厚な低音
 弦の刷れる乾いた音、軽やかなピチカート
 合唱の合間のざわめきさえも包み込んで
 4台の弦楽器が織りなす音の原野。」

DM.jpg

今日も砂まじりの暴風が酷い中、岩切裕子さんが来て下さって、明後日からの個展の飾り付けをしました。
岩切裕子「四重奏−quartette」
3月20日(水・祭日)ー30日(土) *25日(月)休み
11:00−18:00 
小品(木版画)を中心に展示いたします。
岩切さんは3/20, 3/30の午後在廊予定です。

130318_1620~01.jpg

来て下さった方、アーティスト、ギャラリー、そして私たちが棲むこの場所のカルテット、四重奏になるといいなあと思っています。

29日の夕方、岩切さんのお知り合いの若手演奏家の方が、タイトル「四重奏」にあわせてヴァイオリン(さすがにカルテットは無理なので)のちょっとしたサプライズのミニライブをして下さいます。
今年2月パドヴァの国際コンクールで優勝されたそうですが、うちのような狭いスペースで弾いて下さるのはあまりに申し訳ないような・・。
DSCN1063.JPG

*IMAGINE FUKUSHIMA 一部の作品の売り上げを福島復興の為に寄付いたします。
*「未来郵便局」も設置しています。
開発好明さんの「未来郵便局」は、来場された方が会場に用意した便箋と封筒を使って、一年後の自分自身、あるいは大切な人に向けて手紙を送るものです。
posted by shimizu_noriko at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | prints 版画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月07日

あの日から2年

テレビや新聞で、あの日から2年・・の報道が多くなりました。
最初の1年は、時間軸がおかしくなったようで、1年が5年くらいに感じました。
次の1年はあまりにあっという間に過ぎ去ってしまいました。

DSCN1049.JPG

山本剛史さんの最新作「LANDSCAPE 2013 久之浜 末続」
先月2月下旬に、いわきの久之浜を訪れて、その後すぐに作品にされたそうです。
切り取られた、きれいな真っ青な空の先、そして空のすぐ下の風景を想像してみます。

今回の個展によせて、山本さんが書いてくださったメッセージ。

「この作品が生まれたことと、『IMAGINE FUKUSHIMA展』の参加については、恥ずかしいほど個人的で自分勝手なことを少し語らなければならない。
 私は、子供の頃から『頑張ろう』だの『みんなで一緒に何かをやろう』だの『誰かのために』といった感性が苦手だった。幼稚な自分につりあわない不恰好なプライドを守るためにそのような感性の気配に頭から背を向け、一人で作品を作ることが、作家の『純度』だと思い込んで生きて来た節がある。そして、自らの作品がそのような感性から離れて置かれることに固執していた。うっかり批判を受けたり、嘲笑されたりしないように注意深く自らを囲い込むことを、愚直に作ることだと、その頃は思っていたのだろう。

『愚直に作ればいい』という思いは今も変わらない。しかし上記の私の姿は、本当に愚直だったのだろうか?

『支援する』という言葉には、正直いまだに尻込みしてしまうが、愚直に作りたいから何もしないという今までの姿も、私を何処へも導かないように思ったことは確かだ。
現地に赴き、何かを感じて作品を作ったはずなのに、私にもどうしてこの作品が生まれたのか、上手く説明できないで困る。
しかしこの作品を見ていただくことに、私は不思議なほど肩の力が抜けている。この気持ちは今までの愚直さとは生まれてくる場所が明らかに違うようで、どのような批判でも静かに耳を傾けられるように感じる。
それを通り抜けた時、私が何処かへと導かれ、その時に、『誰かのために』という言葉をこの手に乗せることができるのだろうか。」 

DSCN1047.JPG

山本剛史展は3/11まで開催中です。
*3/9は夜9時までオープンしています。


posted by shimizu_noriko at 06:24| Comment(0) | TrackBack(0) | prints 版画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月02日

始まりました。

DSCN1003.JPG
山本剛史展 昨日より始まりました。
小さなギャラリーに30点もの作品、素敵な空間になりました。
この後、山本さんは2、3、8、9、10、11日の午後から在廊予定です。
(ギャラリーは火・水休みです。)
DSCN1022.JPG
これらは全部版画から出来ています。

DSCN1030.JPG
STRUCTURE 2013「風車」
DSCN1036.JPG
時計の文字盤に版画が使用されています。

DSCN1025.JPG
枡形にぜんぶ違う椅子のモチーフ、自分のお気に入りの椅子を見つけて下さい。ちょっと仕掛けのある楽しい作品です。

DSCN1027.JPG
最新作CHAIR シリーズ。なんと展示されている作品はほとんど2013年制作です。2ヶ月の間にこんなにたくさん作って下さいました。
posted by shimizu_noriko at 07:32| Comment(0) | TrackBack(0) | prints 版画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする