2009年05月30日

仲井戸CHABO麗市 @ 南青山MANDALA 2009/5.23

先週の仲井戸麗市さんの南青山MANDALAでのライブ。チケットを買った時には想像もしていたかった、まさか忌野清志郎さんへの追悼ライブになるとは…。
ファンのさまざまな想いが交錯する中、仲井戸さんご自身とてもヘビィだったに違いなく、私も不安な気持ちを抱いて、演奏が始まりましたが。。
友人の言葉を借りれば、『本当の送る言葉が聞けた、清志郎さんに捧げるライブ。湿っぽくはない、とても優しく切なく、そして激しい。。。』決して一生忘れることのできないそんなライブでした。心から感謝してます。
http://blue19812nd.blog50.fc2.com/blog-entry-798.html
仲井戸さんのようにうまく言葉で表現できないのがもどかしいのですが、友人が教えてくれたBlueさんのブログ、まさに気持ちを代弁してくれています。

posted by shimizu_noriko at 00:15| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 etc, | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月03日

心から。

敬愛する、国立が生んだ偉大なソウルシンガー、忌野清志郎さんのご冥福を心からお祈りします。
posted by shimizu_noriko at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 etc, | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月11日

あけましておめでとうございます。& PAT METHENY GROUP @BLUE NOTE TOKYO

あけましておめでとうございます。
皆さまはお正月はいかかお過ごしでいらっしゃいましたでしょうか?
お正月早々大不況のニュースばかりの2009年幕開けです。確かにリーマンショック以来、我々の仕事も影響が大です。もちろんアーチストの方にもです。グローヴァル化が進み、世界経済の脆弱さが露呈され、一握りの者による世界の混乱は憤りを覚えますが、自分にできることを、やるべきことをやっていくだけだ、と作家さんとも励ましあっております。
大不況なんかに負けず、今年もいい企画ができるように頑張ってまいりたいと思いますので、2009年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


PM.jpg新年最初のライブは、ブルーノート東京での
PAT METHENY GROUP with LYLE MAYS, STEVE RODBY & ANTONIO SANCHEZ(パット・メセニー・グループ ウィズ・ライル・メイズ、スティーヴ・ロドビー & アントニオ・サンチェス)でした。


続きを読む
posted by shimizu_noriko at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 etc, | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月01日

「THE WHO」&「CAROL KING」来日公演



先週は至福の1週間でした。
もうなかばあきらめかけていたTHE WHOの初単独公演と大好きなキャロル・キングの単独公演があった1週間。

続きを読む
posted by shimizu_noriko at 06:19| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 etc, | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月01日

「SUSHI+」坪内好子さんの壁画のあるお寿司屋さん(ブラチスラヴァ)

レストランは中央広場の日本大使館の向かい側、迎賓館の地階です。お店の名前はSUSHI+。結構広い店内だそうです。地元でもかなりのお値段のようです。
DSCF7420_1.jpg
ひとつは寿司レストランとバーカウンター席を繋ぐトンネルを日本の漆の朱をイメージして描きました。(奥は坪内さん)



DSCF7425_1.jpg


















                             右下にサインしたものが見えますか?



DSCF7387_1.jpg
これは寿司カウンターの前の壁です。こちらはインテリアに合わせて渋くセピアにしてあります。
漆喰の壁に日本の新聞を貼ってその新聞紙の張り具合で壁にテクスチャーを作りました。
その上にセピア系の絵の具をのせています。
サイン中。




DSCF7345_1.jpg














            


新聞紙の日本の文字(日本の雰囲気)を残しつつ色をのせて行きました。
壁は5mx5mくらいかな。結構大きかったです。




posted by shimizu_noriko at 19:42| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 etc, | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月18日

フレンチレストラン「アーティショー」(恵比寿)と笠井正博さんの作品


PA080916.jpg先日ランチタイムの始まる前に「アーティショー」さんのい店内を撮影させていただきました。

PA080913.jpg









PA080919.jpg「アーティショー」さんの白壁の店内には 笠井さんの「森」「海」そして新作の「香」をテーマにした作品が6点飾られています。笠井さんの作品のテーマは常に「自然」、そしてその自然の恵みから生まれた、香豊かなお料理とのハーモニー。素敵な空間です。

その後ランチをいただきました。アミューズはパンのスープ、私が選んだのは、前菜に「10種の有機野菜のプレッセ トマトのヴィネグレット モザイク模様仕立て」(きれいに写真が撮れませんでしたが、お花畑のようです。)
PA080922.jpg














「豚の舌のコロッケ」
PA080921.jpgメインにブッフ ブルギニヨン(牛肉の赤ワイン煮込み)、デザートにフォンダンショコラ バニラアイス添え 自家製パン、コーヒー で ランチは¥2,300〜です。サービス税込でこのお値段は嬉しいです。
しかもこの価格設定で前菜、メインに選択肢の幅があるのは感激です。シェフの山根さまもお忙しいのに、親切にいろいろとお料理を説明下さり、また幸せな気分でお店を後にしました。






posted by shimizu_noriko at 15:31| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 etc, | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月07日

矢野顕子 & マーク・リーボウ@ブルーノート東京 

bluenote.jpg


AKIKO YANO & MARC RIBOT /3 AUGUST

仕事や子育てなどで何かと忙しいこの年代になると、同じ趣味で、しかも時間が合う友人は極端に少なくなってきます。青山のブルーノートでのラストライブ21時から、一人で行くのはちょっと勇気が要りましたが、久々の矢野顕子さん、堪能してきました。(やはり女性一人客は少なく。。合い席でアルコール飲みながらですから少々度胸がいります。)
いくつになっても矢野さんはふわふわして笑顔がかわいらしい、音楽の女神さまから選ばれた女性だといつも思います。
ギタリストのマーク・リーボウは、“ラウンジ・リザース”の元メンバーでトム・ウェイツやエルヴィス・コステロらとも仕事をしてきた方だそう。
今回のライブではジャズ色が強い選曲かと思いきや1曲目がなんと「津軽ツアー」。奥田民生の 「股旅(ジョンと)」のカヴァーやジョニー・キャッシュが歌っていたオールドソングからクラッシック、新曲などなどインプロヴィゼーションも加え、すべて矢野顕子ワールドに味付けされた音楽は、聴く人すべてを幸せな気分にさせてくれました。
今日聴いた音楽はジャズ?クラッシック?日本の歌?カントリー?
日本人はカテゴライズしないと落ち着かない性質なのでついつい考え込んでしまいますが、矢野さんはきっとそれが一番好きではないのでしょう。製品化された音楽は本当の「音」ではないと言いたいのかもしれません。
またいつかパット・メセニ― と共演してくれたらなあと密かな願いを込めて。




posted by shimizu_noriko at 10:23| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 etc, | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月20日

「ぼくの大切なともだち」

ただ今、ル・シネマで公開中の「ぼくの大切なともだち」。
とても素敵な作品でしたので、Trailer貼り付けてしまいました。

自分はそんなにパトリス・ルコントのファンでないと思っていましたが、ラインナップを確認してみたら結構見ておりました。結局はとても気になる監督だったんだなあと再認識。
観客は中高年の男性が多かったように思います。
この映画を見たあと、(私も含め)それぞれ皆誰を思い浮かべるのだろうとちょっと踏み絵のような映画。
恋愛を成就させるより、本物の友情を成就させる方が実はずっと難しいのかもしれません。年をとればとるほどそう思います。


posted by shimizu_noriko at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 etc, | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月10日

BUTCH CASSIDY AND THE SUNDANCE KID「明日に向かって撃て!」


アートと関係ありませんが・・・
バート・バカラック作 歌B.J.トーマスの「雨にぬれても」

続きを読む
posted by shimizu_noriko at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 etc, | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月27日

BURT BACHARACH/バート・バカラック 日本公演

小学生の頃から、耳に馴染んできたバカラックの音楽。あまりに身近すぎたため、彼の生の歌声を聴くなんて逆にあまりイメージしていませんでしたが、今年80歳と知り、バカラックの姿を見れるのも最後かもしれないと思い、国際フォーラムで2/17コンサート当日券を求めました。

続きを読む
posted by shimizu_noriko at 02:17| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 etc, | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする