2011年07月27日

ドキュメンタリー映画『100,000年後の安全』

ドキュメンタリー映画『100,000年後の安全』2009年/デンマーク、フィンランド、スウェーデン、イタリア
http://www.uplink.co.jp/100000/

見てから大分経ってしまいましたが、今更ですが忘れないようにと記しておきました。
このドキュメンタリー、軽く期待&予想を裏切られました。放射能がどれほど危険で半永久的に地球・生物に多大なリスクを与え続けるのか・・反原発というのがメインテーマだと思っていました。

「フィンランドのオルキルオトでは世界初の高レベル放射性廃棄物の永久地層処分場の建設が決定し、固い岩を削って作られる地下都市のようなその巨大システムは、10万年間保持されるように設計されるという。 廃棄物が一定量に達すると施設は封鎖され、二度と開けられることはない。しかし、誰がそれを保障できるだろうか。10万年後、そこに暮らす人々に、危険性を確実に警告できる方法はあるだろうか。彼らはそれを私たちの時代の遺跡や墓、宝物が隠されている場所だと思うかもしれない。そもそも、未来の彼らは私たちの言語や記号を理解するのだろうか。」オフィシャルサイトより。

放射能が無害になるまで10万年かかると予測し、今から10万年の間、未来の人間が決して、この施設の扉を開けないようにするにはどうしたらよいか、未来の人間に、この多大な危険を知らせるベストな方法は何なのか?がメインテーマでした。
施設そのものが10万年持つのかもわからない。(というか持たないと考えるのが当然です。)ネアンデルタール人から現代まで1万年。10万年後には、危険を伝える為の現代のどの言語も存在してないだろうし、フィンランドという国も存在していないでしょう。人類そのものも絶滅しているかもしれない。人の想像をはるかに超えた途方もない未来の為に企業・国家レベルが予算を使って、真剣に研究をしていることがショックでした。知識のない私からすれば、これは全く徒労に終わるに違いないと思えたからです。
日本はと言えば数カ月先の首相が誰になっているかも予測できない国。私にはフィンランドの研究の是非はわかりませんが、最終処理場を、どの国に押し付けることなく自国内に設け、遥か遠い未来の人々を核の脅威から守るために、毅然とした態度を貫いている、徹底して情報公開しているフィンランドという国にとても興味を覚えました。
原子力はクリーンでもなければ、コスト高でリスクだらけなことだけはよく分かります。


posted by shimizu_noriko at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 etc, | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月05日

「ピースウイークinくにたち2010」 9/18―26 まちじゅうが映画館!

ピースウイークinくにたち http://blog.goo.ne.jp/kunitachipw/

peace.jpg

今回、国立で行われるイベントをご紹介。

国立は今や映画館がなくなってしまいましたが、この9月の連休は「ピースウイークinくにたち」主催で、国立市平和都市宣言10周年記念『まちじゅうが映画館!』が開催され、市内の公共施設や大学が映画館に早変わりです!






上映作品は・・ピースでフェアな全9作品を連続上映。





「ミツバチの羽音と地球の回転」監督 鎌仲ひとみ
「ヒバクシャとボクの旅」監督 国本隆史(国立出身の方です)
「不確かなメロディー」監督 杉山太郎
「死んどるヒマはない」益永スミコさん
「未来の食卓」監督 ジャン・ポール・ジョー
「アボン 小さい家」監督 今泉光司
「水になった村」監督 大西暢夫
「ディア・ピョンヤン」監督ヤン・ヨンヒ
「パリのモスク―忘れられたレジスタンス」監督 デリ・ベルカーニ

「不確かなメロディー」は今更説明するまでもなく忌野清志郎さん率いる「ラフィータフィー」のツアードキュメンタリー。
9/19 の上映の後、なんと監督の杉山太郎氏と音楽評論家で「Dreams to Remember−清志郎が教えてくれたこと」の著者 今井智子さんとのトークセッションがあります。
もちろんその他の作品も監督トークなどのイベントがあり、期間中は街のいたるところでピースイベントを開催とのこと。詳しくは上記ピースウイークinくにたちのサイトでご確認下さい。

 すべての映画が鑑賞できるパスポート券を2,000円で国立・国分寺の協賛店などで限定発売中です(一日券は前売り1,000円、当日1,300円)。国立以外の方でご興味ある方は、直接私の方へメールでお問い合わせいただいても構いません。watermark@k4.dion.ne.jp
多くの方が国立にいらしていただけると幸せです。


posted by shimizu_noriko at 22:18| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 etc, | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月16日

思いがけないプレゼント

ウォーターマークのお客様で、ご近所で、イラストレーターの向田れんさんが、この前ふらっと、うちの10周年のお祝いにと、こんな素敵な贈り物を持ってきてくれました。
かわいいギフトボックスの中は・・

P4120164.jpgいちごジャムが1壜、それからジャスミンのビスケットとチョコとオレンジのパウンドケーキ。
もちろんお菓子も、パッケージもラッピングも向田さん作のオリジナル。
フード&デザインプロジェクト
「koekjes」  (クークユス/オランダ語でビスケット)を立ち上げられたそうです。

美味しかったので、来週、鎌倉に住む作家さんのご新居に伺う際のギフトセットをお願いしました。
そうしたら、早速鎌倉の新居をイメージしたラッピングペーパーを作って下さったそう。差し上げる方をイメージしてオリジナルデザインの贈り物なんて素敵ですよね。
posted by shimizu_noriko at 00:13| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 etc, | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月06日

嬉しい電話

P4060148.jpg
山本さんのとんぼ玉

先日、10数年ぶりに懐かしい方から電話がありました。友人と呼ばせていただいていいのかわかりませんが、ガラス工芸作家の山本恵美子さん。
今年80歳になると聞いて、びっくりしました。

娘が生まれるまでの10年くらい、当時聖蹟桜ヶ丘にあった吹きガラス工房に通っていた時期があったのですが、そこで私は山本さんと出会いました。
山本さんは七宝作家だったのに、ガラス作家に転向されたとのことで(その時60歳!)、私と同じ工房で吹きガラスを制作していました。
ガラス種と竿に振り回されて、あたふたしている私を尻目に、吹きガラス歴は私とそれほど変わらない山本さんは、スピーディーに立ち振る舞い、てきぱきと次々に作品を生み出していきます。
私がようやくワイングラスを1個作る間に、山本さんは、3,4個作ってしまいます。私の方がずーっと若いはずなのに、自分の身体能力のなさと吹きガラスのセンスのなさに愕然としました・・。
山本さんは、トンボ玉、パートドヴェールなど違う技法の作品にも取り組んで、作品を発表されていました。子供が生まれて私が工房を辞めてからは、お会いする機会もなく、さすがに山本さんも今はもう制作はされていないんだろうなあ・・と思っていたところのお電話。
今も新しい技法でガラスの皿などを作っていて、ギャラリーから注文が入るので、なんと来年個展を考えているとのこと。
最高に嬉しい電話でした。




posted by shimizu_noriko at 16:32| Comment(4) | TrackBack(0) | その他 etc, | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月20日

ヤング@ハート コーラス (Young @ Heart from USA)行ってきました。


youg@heart.jpg3/19、すみだトリフォニ―ホールでのヤング@ハート 行ってきました。
合唱団の「平均年齢が同じ」つながりで招聘された、私の父が所属する合唱団「コ―ロカステロ」が前座で、「ステンカラージン」「ジェリコ」「So much in love」を歌い、その後ヤング@ハートを紹介する映像がスクリーンで上映された後、メンバーの登場。
1曲目がいきなりローリング・ストーンズの「You can’t always get what you want」、あまりに上手すぎる選曲に、この時すでに涙が出てしまいました。その後、ブルース・スプリングスティーン、ジェファーソン・エアプレーンなどの後、トム・ウエイツの「Martha」。ここでもまた涙が・・。「You can’t〜」と「Martha」、これは年を重ねてきた人に歌われては、かなうものがいないでしょう。
後半以降はこのクラッシック専門のホールである すみだトリフォニ―がまるでライブハウスと化してしまい、スタンディングになってしまいました。 トーキング・ヘッズ、JB、ラモーンズ、ルー・リード、マイケル・ジャクソンなどの曲の後、なんと日本語で、「上を向いて歩こう」「リンダ・リンダ」「雨上がりの夜空に」。これ以上泣かせないで下さい(笑)。20代〜90代の方が同じ音楽(しかもロック)を聴いて、会場全体がまるでファミリーのよう。こんな経験ありませんでした。
この後
21日(日) 15:15開場/16:00開演 神戸国際会館 こくさいホール[兵庫]
25日(木) 18:15開場/19:00開演 愛知県芸術劇場 大ホール [愛知]
27日(土) 16:30開場/17:00開演 Bunkamura オーチャードホール [東京]
28日(日) 13:30開場/14:00開演 Bunkamura オーチャードホール [東京]
があります。ロックなんか聴いたことないご年配、ロックを忘れてしまった中年、ロックは自分たち若者のものと思っている方でも絶対楽しめることをお約束します。
http://youngatheart.jp/index.html
posted by shimizu_noriko at 00:53| Comment(4) | TrackBack(0) | その他 etc, | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月22日

YOUNG@HEART 「ヤング@ハート」


2008年公開されたアメリカのドキュメンタリー映画。マサチューセッツ州の小さな町で活動する平均年齢80歳のコーラス隊『ヤング@ハート』の活動を追ったもので、年に1度のコンサートに向けて、ソニック・ユースやクラッシュ、ドアーズなどのロックの曲を練習する素敵でかわいいおじいちゃん、おばあちゃんたちの笑い、涙、生、死を描いた感動の作品です。
http://youngatheart.jp/index.html
ロックやパンクの歌詞は、お年寄りが歌うには全く不似合いなのでは?と思って聴いていると・・それがひとりひとりのお年寄りの今までの人生を彷彿させるリアルな詞に聞こえ、もとの歌詞にさらに深みが増して、メッセージあふれる彼らのオリジナル曲に見事に変化してしまうのです。


続きを読む
posted by shimizu_noriko at 21:30| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 etc, | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月11日

「午前10時の映画祭」

今、こんな映画祭やっているんですね。
「午前十時の映画祭 何度見てもすごい50本」
http://asa10.eiga.com/
自慢じゃないけれど(自慢してますが・・笑)50本全部大昔にクリアしてます。
昔は名画座がたくさんあって、500〜800円くらいで名作を3本立て、なんて普通にあり、かなりお世話になってましたが、今はシネコン&DVDの時代。名画をスクリーンで見ることはもう皆無なんだろうな・・と思っていたので、この企画はかなり嬉しいです。
小学生の娘も無理やり連れて行こうと思っています。


posted by shimizu_noriko at 19:16| Comment(4) | TrackBack(0) | その他 etc, | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月10日

第30回日野高OB展 と二年前の今日

昨日でコートギャラリーでの「第30回日野高OB展」が終了しました。何と30回も続いてるなんて、普通の美術団体展よりすごいかもしれません。
近所だし、個人的に清志郎さんのファンなので、日野高OB展はずっと見させていただいてました。最初は小さなギャラリーから始まったOB展、出展数も参加される方も少なかったけれど、私が言うのもおこがましいですが、皆さん回を重ねるごとにどんどん作品が素晴らしくなり、現在は、広いギャラリーを存分に使い、皆さんかなりの力作大作!プロレベルの方もいらっしゃいます。何事も続けていくことが大事なのだと教えていただいています。
6日土曜は知人とギャラリーにお邪魔したところ、幸運にも梅津和時さんと小林先生とお話しできてしまい、お二人とも素晴らしいお人柄に感無量。
翌日は、あるきっかけで知り合いになった方と日野高OB展、それから国立北口でゆかりのあるところへちょっとご案内(北口は私は勝手に「初期のRCサクセションコース」と呼んでます。)その後ロージナ茶房でRC、清志郎さん、チャボさんについてたくさんおしゃべり。年代も性別も時間も超えて、この年齢になって友人ができるなんて、ちょっと前まで考えたことありませんでしたが、これもすべてRC、清志郎さん、チャボさんのお陰です。
ちょうど2年前は「完全復活祭」でした。いろいろな想いが交錯する今年の2月です。

posted by shimizu_noriko at 22:37| Comment(7) | TrackBack(0) | その他 etc, | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月06日

あけましておめでとうございます。2


お正月はどのように過ごされましたか?
私が三が日に見に行った映画は、マイケル・ジャクソンの「THIS IS IT」。ビデオ記録をつなぎ合わせたドキュメンタリーフィルムなので画像はあまりきれいではないですが、とても楽しめました。

マイケル ジャクソンが23年くらい前に「BAD TOUR」で初来日した際、幸運にも横浜スタジアムでのコンサートを最前列で見ました。(当時は某チケット会社でバイトしてましたので・・)70年代から耳に馴染んでいた彼の歌ですが、目の前で歌い踊る姿は、まるでファンタジーのような、それでいてすごくエネルギッシュで、夢の中にいるような3時間でした。あれだけの完成されたエンターテイナーはこれから先現れるのでしょうか。

ダイアナ・ロスと共演していた「THE WIZ ウィズ 」(1978年)。
ニューヨーク、ハーレムが舞台で「オズの魔法使い」の黒人俳優だけのソウルフルなミュージカル。マイケルはカカシさんの役でした。日本では全然ヒットしませんでしたが、10代のマイケルが見れるし、音楽はモータウン系で楽しめますのでお薦めです。
なんと監督はシドニー・ルメット、音楽はクインシー・ジョーンズ、ル−サ−・ヴァンドロスです。こんな贅沢を極めた映画、CGバシバシの現代の映画ではちょっと考えられないでしょう。


posted by shimizu_noriko at 20:11| Comment(3) | TrackBack(0) | その他 etc, | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月29日

Aretha Franklin - Greatest Hits Radio City Music Hall, New York, Sep 17, 2009


035.jpg
051.jpg















企画展が始まる直前で顰蹙でしたが、オーティス・レディングが飛行機事故で亡くなって以来、飛行機嫌いになった「クイーン オブ ソウル」のこの方は来日したことが一度もなく、生の歌が聴ける機会はきっともうないだろうと思い、ラジオ・シテイホールでのアレサ・フランクリンのコンサートに行ってきてしまいました。貫禄じゅうぶん。長年の夢がかないました。
今回初めてハーレムまで足を伸ばし、アレサのルーツでもある教会のミサでのゴスペルも聞いてきました。(10歳のわが娘には少々刺激が強すぎたかなと・・)何かと大変なご時世ですが、音楽から力をもらってきました。

posted by shimizu_noriko at 01:06| Comment(6) | TrackBack(0) | その他 etc, | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする