2016年10月31日

「BOOKs展」は11/5(土)までです。


WATERMARK arts & BOOKs展 今週11/5(土)までとなります。
明日火曜日はお休みです。週末の金・土曜日はくにたち天下市開催中。大学通りに店が並びます。
ぜひお出かけください。

溝上幾久子.jpg
溝上幾久子『階段を降りる裸のメリュジーヌ』(手製本/布・エッチング・和紙) 12冊セット

『金井美恵子詩集』の『森のメリュジーヌ』の世界を豆本で表現されています。

ーフランスの言い伝えで描かれるメリュジーヌの上半身は美女の姿だが、下半身は蛇の姿である。足などあるはずもない。なのに、わたしは小さな手製の本の中に、森を徘徊する不在の恋人の、あるはずのない足跡を延々と記してみたくなった。無垢な魂の在処を、本という閉じた空間のなかにそっと隠し留めておけたらと思ったのだ。ー
  

渡邊加奈子.jpg

渡邊加奈子 Artist Book「Menuett」
 ー小学生のころ、迷い込んだ近所の森。
 何かを描くたび、この風景へと立ち戻ってしまいます。
 物と時間が痕跡となる版画で、かつて感じた春の一日を形にしました。

 Book箱の内張りに用いた和紙は、育った土地に咲く桜で染色しました。
 薄れていく記憶をゆっくりと辿るような一冊を目指しました。ー


矢尾板克則.jpg

矢尾板克則 note book とnote

 ー私は普段土を使って作品作りをしていますが他の素材にも大変興味をもっており「紙」もそのうちの1つです。覚え書きなどして破り捨てた紙片や、日に焼け色あせボロボロになった紙など、とても魅力的でついつい拾い上げため込んでしまいます。
そんな気持ちが高まって、いつしか土で1枚のnoteを作るようになりました。色を重ね、はがし高温で焼かれたnoteは綴られbookへとなって行きました。ー


田中彰.jpg

田中彰 「coffee country」
世界のコーヒーとその国のこと、出かけることをテーマにしています。

田中彰2.jpg
コーヒーパスポート・コーヒーパペット(豆入り)田中さんの焙煎した豆・コーヒー豆の版画・染色布(綿ボイルに染色で版画)こちらはコーヒーの世界を楽しむセットとなっています。

アジアや南米を旅してきた田中さんは、訪れた国のほとんどがコーヒーの産地だったことに気付き、コーヒーをテーマにしたコンセプチュアルな作品を作られました。
コーヒーパスポートには、田中さんによる世界の様々な産地のラベルの図案が描かれており、そこからひとつお選びいただき、田中さんが焙煎してくださいます。コーヒーパスポートには主な産地の世界地図が入っています。その分布図を見ると一目瞭然、豆の生産国は南半球に集中していますが、最大消費国は北半球に集中しています。経済格差、搾取する国と搾取される国、紛争地帯etc コーヒー豆から世界の様々な問題が浮かび上がってきます。コーヒーを飲むときに、少しでもそんなことを思い浮かべてほしい、そんな思いが伝わってきます。


岩切裕子.jpg
岩切裕子 ガラス絵 

宮下奈都『羊と鋼の森』、ペーター・シュタム『誰もいないホテルで』
両著をイメージして作られた小さなガラス絵。
棚も小物も岩切さんによるオリジナルです。美しい書棚ができました。
             

岩切裕子2.jpg
森の匂いがした。
秋の、夜に近い時間の森。
風が木々を揺らし、ざわざわと葉の鳴る音がする。
夜になりかける時間の、森の匂い。
宮下奈都『羊と鋼の森』より  

ー楽器には大敵のはずの、深い森の湿った空気が漂います。
グールドが晩年暮らしたトロント郊外の森のような。ー

僕は夏になってここに客が集まり、食堂も人がいっぱいで、誰かがピアノを演奏し、子どもたちが廊下を駆け回っている様子を想像しようとした。でも、うまくいかなかった。
ペーター・シュタム『誰もいないホテルで』

ー『誰もいないホテルで』の原題は『Sommergäste』、直訳すると夏の客ということになります。水もない、電気も来ていないうらぶれたゲストハウス。夏の名残りという言葉を噛みしめられる一冊です。ー



AkikoNishimura.jpg
和紙造形家 にしむらあきこさんの新作絵本「おとひとい」「うたうたい」
最新作「糸片(いとへん)」も販売しております。


雲の祭日.jpg

「雲の祭日」立原 道造 山中 現(玲風書房)
  南桂子・長谷川潔・清宮質文 ポストカードBOOKも販売しています。
立原道造
1914年、東京都中央区に生まれる。1931年、第一高等学校入学。物語「あひみてののちの」が『校友会雑誌』に掲載され、堀辰雄の面識を得て以後兄事する。1934年、東京帝国大学工学部建築学科入学。堀辰雄の主宰する『四季』の第二次の創刊に加わり、三好達治、丸山薫、津村信夫とともに編集同人となる。1937年、石本建築事務所に入社。第一詩集『萱草に寄す』、第二詩集『暁と夕の詩』を出版。1938年夏、肺病のため休職。1939年、第一回中原中也賞受賞。3月29日、病状急変し永眠。享年24歳 

山中現
1954年、福島県喜多方市に生まれる。東京藝術大学大学院美術研究科版画専攻を修了。小野忠重、野田哲也、中林忠良に師事する。個展、海外展、グループ展など多岐に活動する。その詩情溢れる作品は東京藝術大学大学美術館、福島県立美術館、喜多方市美術館、大英博物館、クリーブランド美術館などに収蔵されている。

新世界ピクニック.jpg
開発好明さんの作品集「新世界ピクニック」も販売しています。

Artist Book
版画・ドローイング・陶など
2016年10/21(金)-11/5(土)火曜休
12:00-18:30
posted by shimizu_noriko at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | art | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック