2014年10月31日

鈴木稔 陶展 はじまりました。


IMG_1261.jpg



昨日10/30より始まりました。
秋は作家にとって超多忙シーズン。鈴木さんは当日30日午前3時から窯出し→底擦り→値札貼り→梱包→積込み→運転→WATERMARK 朝9時着→12時オープン という過密スケジュールの中、益子から作品を持ってやってきてくださいました。
予定のうち、どれかが上手くいかなかったり、遅れたりしたら、初日に作品がない・・という状況になるのですが、ギャラリーオープンの1時間前には設置完了! 窯から出したばかりのまだあたたかい(?)新作の数々、ぜひ見にいらして下さい。

IMG_1254.jpg

今回はケルト文様からイメージをふくらました新たなデザインの器がたくさん! ちなみに今日10/31はハロウィン。ハロウィンは古代ケルトの収穫を祝う祭りが起源とのこと。ちまたのお祭り騒ぎには興味ありませんが、アイルランドやケルト文化が大好きな私としては、今回、店内でチーフタンズをかけながら営業しています。


組紐のようなデザインのサーキュラーノットは「永遠」「統一」を意味し、お祝い事のデザインに使われたり

スクエア・ノットの四角いデザインは安定や堅固さを表し、お守りとしての力を持つと言われたり、

アイルランドのシャムロック(三位一体)などなど、様々なパターンがあり、それぞれ意味を持つケルトデザイン。

自然崇拝の多神教であり独特の世界感を持つケルト文化は日本と通じるものを感じます。だから益子焼で表現された時、まったく違和感がないのかもしれません。和でも洋でも使えるうつわです。



IMG_1258.jpg


IMG_1259.jpg



益子3.jpg              工房での鈴木稔さん
鈴木稔さんは11/3在廊予定です。

11/1-3は国立市で一番大きなお祭り、大学通りの天下市です。国立の商店街のお祭りと市民祭りと一橋大学祭が3日間繰り広げられるのですが、3日は大学通りが歩行者天国になります。
そこで1階の火水土さんのお隣のスペースをお借りして、プチミュゼさんと古本泡山さんといっしょに「天下さんぽ市」を開催することにしました(泡山さんは3日のみご参加)皆さんに国立でたくさん楽しんでいただけるといいなあと思っています。

ラベル:鈴木稔
posted by shimizu_noriko at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | craft | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック