2012年04月04日

「あふれる熱い涙」

486310_301015856633784_231221950279842_753631_1864366700_n[1].jpg

先月3/1-6開催しました「IMAGINE FUKUSHIMA展」無事終了いたしました。お越し下さった皆さま、本当にありがとうございました。
早く結果報告をしなくてはと思いながら、展覧会終了後にもご予約をいただいたり、それぞれの皆さまのご希望の寄付先へ1件ずつ送金作業などで1カ月が過ぎてしまいました。

会期直前に風邪で寝込み、まさかの大雪の中での搬入、そして大雨の日も何日か・・、ちょっと不便な国立まで皆さん来て下さるのだろうか?誰も来ないがらーんとした展覧会場で自分が呆然としている悪い夢まで見てしまい、不安いっぱいでしたが、まったくの杞憂で連日お客様が途絶えることはありませんでした。 
何と福島、群馬、栃木、静岡、名古屋からわざわざ、そして南相馬から国立市へ避難されている方も見に来て下さいました。(展覧会を見てどうお感じになられるか不安でしたが、福島から離れたところで皆さんに応援していただき嬉しいとおっしゃっていました。)

292262_301020433299993_231221950279842_753641_2069780828_n[1].jpg

314222_306069802795056_231221950279842_765692_727362922_n[1].jpgご来場の方に小さな旗をたてていただきました。とても小さな旗だけど、やがて大きな旗になることを夢見​て。

お馴染のお客様、古くからの友人、新しい友人、お世話になってるご近所の方、仕事でお付き合い下さっている方、作家さん、数十年ぶりにお会いする懐かしい方・・こんなに大勢の方にお目にかかるのは自分の結婚式以来です。
誰かの力になりたくて始めた企画でしたが、むしろ自分が支えられて、助けられているんだと、まざまざと思い知らされてしまいました。
その日の仕事を終えて家に着くたび泣きそうになりました。
・・震災、原発事故でつらい思いをされている方に何だか申し訳ない気持ちです。

62点の作品をご予約いただきました。
作家さんに追加制作していただいている作品もあり、納品、寄付はすべて完了しておりませんが、売上は¥1,868,700 寄付額は¥478,880(作品本体の30%)
東日本大震災ふくしまこども寄附金 未来の福島こども基金 子ども福島 あしなが東日本大地震・津波遺児募金へ予定です。寄付の目標は何とか達成することが出来ました。

たくさんの方から暖かい言葉をいただいきました。
「この度は素晴らしい企画展に出会えてありがたいと感謝しております。
何かお手伝いしたいともどかしいながらも僅かしか行動せずにいました。
好きな作品が手元に残るかたちやどこかで繋がっていると感じられるので
決して風化してはならないとの思いにより身近に寄り添えていけると思います。」

参加下さった作家さんからも
「よい展覧会だったので、また是非やりましょう!」
「続けていくことが大事なので、また是非協力させてください。」
「震災後の新しい作品をつくるきっかけになりました。」 

アートを介して多くの方と想いを共有したかった私たちとしましては、本当に心から嬉しい言葉です。
いただいた言葉は、作家さんのお声かけ、友人たちの必死の宣伝、近隣の皆さま、国立、立川の地域振興の方が告知、ご協力してくださったお陰です。心よりお礼申し上げます。

岩切裕子さん 上田亜矢子さん 榎本悦子さん おおくぼひさこさん 開発好明さん
笠井正博さん 小林賢二さん 古渡 章さん 銭谷嘉康さん 竹崎勝代さん 武田史子さん
爲金義勝さん 坪内好子さん 南 正雄さん 宮山加代子さん 山本剛史さん
作家の皆さま、ご参加そしてご来場ありがとうございました。

そしてアートディレクションを引き受けてくれた堀江健一さん
展覧会の告知をして下さった
Oギャラリーの大野社長、カッティングエース 清水さん、カフェひょうたん島 星野さん、cafe SINGS 武田さん、キノキュッへ 佐々木さん、ギャラリーモンドの江井さん、ギャラリーみるめ 森さん、「国立歩記」の田中えり子さん、仲井戸麗市さん、NO TRUNKS村上さん、「ビジテ!国立」の国立市役所の方、国立公民館、府中市立美術館 前田せつ子さん、MojoCafe 伊藤さん、婆娑羅のマスター、FUUROの早川さんと英訳して下さったハナさん、(他にも沢山いらっしゃるのですが・・)
ツイッター、facebook、ブログ、口コミで宣伝してくれた友人たち、
コートギャラリーの皆さま
連日ボランティアスタッフとして働いてくれた友達
そして足をお運びいただいた皆さま
この不安定な世の中にもかかわらず、作品を買って下さった皆さま
本当にありがとうございました!
これで終わりでなく、続けていくこと、これからが大切だと思っています。

431833_301018253300211_231221950279842_753634_443837477_n[1].jpg
「未来郵便局」 1年後に届きます。 自分自身へ、わが子へ、遠方のお友達へ、お父さん、お母​さんへ、恋人同士、ご夫婦でお互い宛て・・皆さんの使い方​はいろいろ。一年後の想いは届くでしょうか。

posted by shimizu_noriko at 02:15| Comment(2) | TrackBack(0) | IMAGINE FUKUSHIMA・震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れさまでした。
雨の日に行きましたが、中庭側のガラスをつたう滴と、外光と照明が
作品群と共鳴していました。

ps:さわっておくべきでした。

  ゆめにでてきます。

  4・12amNRT到着予定。
Posted by 清水慶子 at 2012年04月04日 06:48
清水さん 今頃コメント返し、すみません。
あの作品はまだ触れる場所にあります(笑)
Posted by shimizu noriko at 2012年08月21日 13:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック