2020年08月31日

2020年08月30日のつぶやき






posted by shimizu_noriko at 00:01| Comment(0) | art | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月30日

2020年08月29日のつぶやき




posted by shimizu_noriko at 00:01| Comment(0) | art | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月29日

2020年08月28日のつぶやき






posted by shimizu_noriko at 00:01| Comment(0) | art | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月26日

2020年08月25日のつぶやき


posted by shimizu_noriko at 00:01| Comment(0) | art | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月25日

2020年08月24日のつぶやき






posted by shimizu_noriko at 00:01| Comment(0) | art | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月24日

2020年08月23日のつぶやき






posted by shimizu_noriko at 00:01| Comment(0) | art | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月23日

2020年08月22日のつぶやき






posted by shimizu_noriko at 00:01| Comment(0) | art | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月22日

2020年08月21日のつぶやき


posted by shimizu_noriko at 00:01| Comment(0) | art | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月21日

2020年08月20日のつぶやき




posted by shimizu_noriko at 00:01| Comment(0) | art | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月19日

2020年08月18日のつぶやき




posted by shimizu_noriko at 00:01| Comment(0) | art | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月18日

2020年08月17日のつぶやき




posted by shimizu_noriko at 00:01| Comment(0) | art | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月17日

2020年08月16日のつぶやき




posted by shimizu_noriko at 00:01| Comment(0) | art | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月16日

2020年08月15日のつぶやき




posted by shimizu_noriko at 00:01| Comment(0) | art | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月15日

2020年08月14日のつぶやき


posted by shimizu_noriko at 00:01| Comment(0) | art | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月13日

2020年08月12日のつぶやき














posted by shimizu_noriko at 00:01| Comment(0) | art | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月12日

2020年08月11日のつぶやき




posted by shimizu_noriko at 00:01| Comment(0) | art | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月11日

田中彰展「HOVERING WIND 透明な翅」

JUMPING BRISTLETAIL2.jpg



Hovering wind .jpg
電熱ペンによる独自の手法による木版画で表現する田中彰さんは、技法は「版画 」ではあるが版画家と呼ぶのはちょっと違う気がするアーティスト。常に根底にあるテーマが、「木と人間」との関わり。現代人がちょっと上から目線で見る、あるいは崇める対象の木ではなくて、木からの眼差しを強く感じる作風です。

2019年秋から2020年春にかけて制作した版画101点を収録した彼の作品集『JUMPING BRISTLETAIL』は、古生代デボン紀から現在まで形の変わっていない生物ー’イシノミ’ を探す過程で出会った生き物や風景が絵描かれています。 今回の展覧会はこの作品集に掲載されている101点の版画をすべて展示、また展示期間中に国立(くにたち)の自然の風景とそこから生まれたフレッシュな作品を毎日、1点ずつ増やしてゆきます。
ご本人曰く、途中からコロナ禍で遠出できなくなり、身近な自然を観察する時間をふんだんに取れたからこそ出来た作品群とのこと。

展示は田中さん自ら、こんなに小さなギャラリーにも関わらず長い時間をかけてレイアウトしてくれました。
彼が出会った生き物の順番通りに、そして生息していた場所を思い出しながら、1点1点場所を決め、インスタレーションのような展示です。
子供の頃のように林に入って、初めての生き物に遭遇するように、あるいは大人になって全く気にも留めなくなった生き物を思い出しながら、首をうんと伸ばして視線を上げたり、足元に視線を下げて屈んだりしながら、「作品」を見つけてみてください。

彼の展覧会の醍醐味は、開催場所の「モノ・コト」を取り込み、時には鑑賞者を巻き込んで制作し、展示最終日まで変化し続ける方法です。
近年アートィスト コレクティブがかなり主流だけど、通常はチームメンバーはもちろん決まっており、最終着地点を目指して制作、展示となるものだけど、彼の場合は、メンバーを固定せず(なので出入り自由)、作業を細かく指示、制限することはせず(おそらくここが最も大事)、観客・コレクター・通りすがりの人を巻き込んでゆくのがユニーク。「町田芹ヶ谷えごのき縁起」は、いつのまにか皆んなが喜んで巻き込まれ、そして自主的な行動へと昇華し、最終的には大団円。もちろん最終ゴールはイメージはしているでしょうが、もしかすると作者さえ着地点は最後までわからないのかもしれないとさえ思えます。
とある著名なミュージシャンが、『音楽で世界は変えられない。音楽にそんな力はない。でも目の前の一人を変えてしまう力はある。』と言っていたけれど、彼に巻き込まれてしまった人たちはきっと自分の中の化学反応に気付き、それまでとは違う世界を見ているに違いありません。
国籍、年代、性別さえも不明な彼の作品は、輝きがほんの数年で失われ忘れ去られるアートも多い中、おそらくどの時代においても、ひょっこり出てきた時、おや?と思うに違いない。

田中彰展「HOVERING WIND 透明な翅」8/16(日)まで。
オンラインhttps://watermarkart.base.shopでは8/23まで。新しく加わる作品をご紹介してゆきます。

田中彰展
「HOVERING WIND 透明な翅」
会期:2020年8/1(土)ー16(日) 13:00-19:00 月・火曜日休み
会場:ウォーターマーク アーツ&クラフツ
   186-0002 東京都国立市東2-25-24-2F 042‐573-6625
   http://watermark-arts.com/

IMG_4385.jpeg




posted by shimizu_noriko at 10:13| Comment(0) | prints 版画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月09日

2020年08月08日のつぶやき








posted by shimizu_noriko at 00:01| Comment(0) | art | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月07日

2020年08月06日のつぶやき


posted by shimizu_noriko at 00:01| Comment(0) | art | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月06日

2020年08月05日のつぶやき




posted by shimizu_noriko at 00:01| Comment(0) | art | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする