2017年05月26日

第4回 IMAGINE FUKUSHIMA展 伊藤隆介+山口啓介

「共謀罪」法案が衆院通過してしまいました。
様々な表現の萎縮につながっていき、自ずと自主規制が強まっていくのでしょうか? 

 IMG_6801.JPG

来春の【第四回 IMAGINE FUKUSHIMA展】は【伊藤隆介+山口啓介 二人展】となります。前回の【新井卓+開発好明】に続き、表現=メッセージ 強度の高いお二人の作家にお願いしました。
伊藤隆介氏は、アーティストの平川典俊さんのご縁でご参加下さることになりました。伊藤さんは学生の頃、中央線にお住まいだったそうで、国立スカラ座もロージナも邪宗門もよくご存知だったとのこと。国立での発表を楽しみにして下さっています。

 映像作家であり、主に映画やビデオ・インスタレーションを使った作品を制作している伊藤氏は、国内他、世界の映像フェスティバル、国際美術展で発表しているアーティストです。
 代表作「Realistic Virtuality / リアリスティック・ヴァ−チャリティ(現実的な仮想性)」シリーズは、我々を取り巻くメディア社会について、視覚的・詩的批評を試みるビデオ・インスタレーション作品です。 これは「ミニチュアの撮影セット」として作成した(あえて稚拙な作りの)模型部分と、それをカメラで撮影しながらスクリーンに映し出す映像作品からなっており、観客は、大画面に映し出される迫力の映像に、まるでリアルのニュース映像か、ドキュメンタリーのような「現実感」を感じてしまいます。
自分が現実のものと思い込んでいた映像は、実はフェイクであった。あらゆる情報、映像は、単なる主観、思い込みなのかもしれない、と自分自身に疑問を抱かせます。
映像(画像)の時代である今、すべてが映像に頼りすぎている、それによる行き過ぎた演出、恣意的であったり、人を傷つけ、プロパガンダや情報操作にも使われる。それに気付きながらも、それをどこか楽しんでいる自身も発見してしまいます。体感型の作品をぜひご覧いただきたいと思います。

もうお一人の山口啓介氏は、大型銅版画作品で、1989年以降国内外の数々の賞を受賞されており、当時ギャラリーに勤めていた私にとって憧れのアーティストでした。初期の頃から代表作「方舟」シリーズ他、「4つの黒船」「プルトニウムの輸送」「エノラ ゲイ」「原子力発電所シリーズ」などの作品を版画で表現し続けている稀有な作家です。

お二人の作品の強度とメッセージ性は昔から変わらず、お二人の表現活動に少しは関わらせていただけることになり、本当に嬉しく思います。

またコート・ギャラリー国立さんのご厚意により、会期は二週間に増え、これから展覧会に向けて始動します。

1963年札幌市生まれ。美術・映像作家。
1988年東京造形大学デザイン学科卒業。
1992年The School of The Art Institute of Chicago(シカゴ美術館付属大学)大学院研究科修士課程修了(MFA)。

東京造形大学で映像作家・かわなかのぶひろ氏に師事、アートフィルム(実験映画)の制作を始める。フィルムのミディアムとしての物質性、ビデオの伝達メディアとしての特性などをテーマにした映画やビデオ・インスタレーションを主に制作している。現在、北海道教育大学(芸術課程)に勤務。80年代より、村雨ケンジ名義で「ザ・テレビジョン」(角川書店)、「コミックボックス」(ふーじょんぷろだくと)、「モデルグラフィックス」(大日本絵画)等の雑誌でコミック・アニメ評論を多数執筆、マンガ雑誌「Little boy」(ふーじょんぷろだくと刊)の編集なども手掛ける。

山口 啓介(Wikipediaより)
兵庫県西宮市出身。武蔵野美術大学を卒業後、大型銅版画作品で数々の賞を受賞し鮮烈なデビューを遂げる。 その作風から「方舟」や「宇宙船」のモチーフ、また宇宙的、生命的イメージが知られることとなる。 以降、立体、絵画、インスタレーションなど、さまざまなメディアによる作品を展開する。 1997年に発案した音楽用カセットケースと花や植物を使った作品「カセットプラント」が注目される。2009年-2013年武蔵野美術大学客員教授。

豊田市美術館「山口啓介−カナリア」

第4回 IMAGINE FUKUSHIMA展
伊藤隆介+山口啓介
2018年2/22(木)-3/6(火) 水休み   11:00-18:00 最終日16:00     
会場:コート・ギャラリー国立




posted by shimizu_noriko at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | IMAGINE FUKUSHIMA・震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

SPACE/RESOURCE 高橋喜人展

TakahashiYoshitoDM.jpg

SPACE/RESOURCE 高橋喜人展
2017年5月18(木)-28日(日) 火曜休み
ウォーターマーク アーツ&クラフツ
WATERMARK arts & crafts  186-0002 東京都国立市東2-25-24-2F 042‐573-6625

木造住宅を改造した弊ギャラリーのスペースのために、コンクリート、アルミ、木材などの建築資材等を使った全アイテムを考えてくださいました。
「玄関、床の間、居間、書斎など住宅のしつらえを読み解き、彩る展示の試み。」 
このスペースありきの展示内容、ぜひ足をお運びください。
高橋さんは18日初日は15時まで、20,27,28日は在廊予定です。


FullSizeRender-1.jpg


FullSizeRender.jpg

高橋喜人さんはもともと建築設計の出身で、作品は基本的に建築資材(コンクリートなど)を用いて制作しています。
生花を長年されていて、自分が生けるための理想の花器が欲しいと思ったのが、作品作りのスタートだったとのこと。花器に始まり、オブジェ、レリーフなどはそこから派生して生まれた形です。
現代茶の湯アワードでも何度か入選されています。

TakahashiYoshito7.jpg


IMG_6732.JPG


IMG_6710.JPG


IMG_6742.JPG


高橋 喜人
YOSHITO TAKAHASHI

経歴

1985 早稲田大学理工学部建築学科卒業
1987 早稲田大学理工学研究科建設工学修了 鹿島建設(株)入社
1998高橋喜人建築計画設立

受賞
・新建築住宅設計競技1986 1位
・日本建築学会建築設計競技 3位
・小野梓記念芸術賞 (早稲田大学)
・新建築住宅設計競技1987 2位
・日仏文化会館(仮称)建築設計競技 3位
・新見南吉記念館(仮称)建築設計競技 佳作
・国立国会図書館関西館(仮称)建築設計競技 佳作
・南方熊楠研究所(仮称)建築設計競技 佳作
・コクヨデザインアワード2008 コクヨ賞
・Future Tradition WAO 入選
・第8回 大黒屋現代アート公募展 入賞
・現代茶湯アワード 2013 2014 2015 入選
・ROYAL PARK HOTEL THE HANEDA ART COMPETITION グランプリ
・横浜アートコンペティション2015 入選
・池袋アートギャザリング 2015 2016 入選  他

展覧会
・「The Japanese Cultural Center in Paris」出品(Pavillon de l’Arsenal、Paris)
・「LAST DECADE」出品(松屋、銀座)
・「Nara Convention Hall Competition」出品(MoMA、New York)
・「BASE/VASE」出品(Wilkhahn、六本木)ELLE DECO Design Walk 2009 参加
・「SEKKU」出品(Capsule Studio、New York)(パリ装飾美術館、Paris)Future Tradition WAO 選出
・「第8回 大黒屋現代アート公募展」出品(大黒屋サロン、那須塩原)
・「現代茶湯アワード 2013」出品(東京)2014,2015も
・「MONSTER Exhibition 2014」出品(渋谷ヒカリエ、渋谷)(hpgrp GALLERY、New York)
・「池袋アートギャザリング 2015」出品( 東京芸術劇場、池袋)2016も
・「光州デザインビエンナーレ2015」出品( 光州デザインビエンナーレホール、韓国・光州)他

その他
・「Nara Convention Hall Project」がMoMAのArchitectural Drawings Collectionに選出

2017年05月01日

'The Secret Garden' 上田亜矢子+森田節子 終わりました。

会期中は連日お客さまが多くお見えになり、展示写真をupし忘れてしまいました。うちのギャラリーのように狭くて、住居感満載のスペースでインスタレーションのような展示が出来るか、正直不安でしたが、来ていただいた多くの皆さまから、わざわざ来て良かった、との感想をいただけて、本当に嬉しい気持ちです。ずっとこのままでいたいと思う会期中でした。記憶に留めておきたいので、写真をたくさん載せてみました。
作品は、上田さんと森田さんのお人柄そのもので、その空気感がスペースに溢れており、そしてお客さまもみなさま素敵な方ばかりでした。
どうもありがとうございました。

IMG_6250.JPG

IMG_6363.jpg

IMG_6375.JPG

IMG_6453.JPG

IMG_6408.jpg

IMG_6431.JPG

IMG_6428.JPG

IMG_6444.jpg

IMG_6382.jpg

IMG_6441.JPG

IMG_6442.JPG






posted by shimizu_noriko at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | art | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする