2017年01月19日

渡邊加奈子展 後半です。 1/23まで

watanabekanako4.jpg

1/13から始まった2017年最初の企画展「渡邊加奈子展 Drop of light」も会期後半となりました。
週末の1/21(土) 22(日)は昼過ぎより渡邊さん在廊予定です。
家族が増えた渡邊さん、制作環境も難しいでしょうに、新作を4点作ってくださいました。
ぜひご覧くださいませ。

wattanabekanako2.jpg



watanabekanako6.jpg

watanabekanako5.jpg

渡邊加奈子展の後、2月いっぱいは企画展はお休みです。

渡邉加奈子 木版画展  Drop of light
2017年1/13(金)-23(月)12:00-18:30  
ウォーターマーク アーツ&クラフツ
WATERMARK arts & crafts  186-0002 東京都国立市東2-25-24-2F 042‐573-6625

次回の企画は
’shop 39art’ 3/11(土)-18(土)12:00-18:30
3/11:19:30まで、 3/18:17:00まで 

開発好明さんが提唱する、 1年に一度の労いの日、『自分のためにプレゼントする日』 
‘39(サンキュー)アートの日’。
今年は ‘shop 39ART’として、一週間アートショップをやります。
アーティストブック、クラフト、写真、絵本、コレクションなど、ポストカードから現代アートまで、いつもの展示とは違う作品がたくさん揃います。
作品集「新世界ピクニック」も販売いたします。
ギャラリーは敷居が高いし、アートを買うなんて・・と思っていらっしゃる方、shopを覗く感じでぜひ足を運んでください。 


posted by shimizu_noriko at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | prints 版画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月11日

「ノエルの贈り物」展 寄付のご報告です。

FullSizeRender.jpg
ご報告が遅くなりましたが、「ノエルの贈り物」展、皆さまのお気持ちに支えられて、先月終了しました。
25名の日本、フランス、オーストラリアのアーティストによるハンドメイドのカード作品、トータル137枚販売となり、カード売り上げの20%の¥72,100を「未来の福島こども基金」さま宛に本日ご寄付させていただきました。
2回目より、3回目、そして今回の4回目と、多く寄付できましたのが何よりです。
心より皆さまに感謝しています。
ちょうど一年前のノエルの贈り物展のご報告に書いていたのは、パリの同時多発テロのこと。
そして今回はイスタンブール。。。
年明けから不穏なニュースに心動かされますが、少しずつでも自分のやるべきことをやって、安易に振り回されないで強くなりたいものだ・・と思う新年。去年とまったく同じことを書いていますが、少しずつよい方向へ進むことを願って。

さて1/13から2017年最初の企画展「渡邊加奈子展 Drop of light」が始まります。
新しい、小さな家族が増えた渡邊さん、どんな光と世界を見せてくれるのでしょうか。
子どもたちの見る世界が、少しでも明るい世界となることを願って。

night-bird36×35.jpg

渡邉加奈子 木版画展  Drop of light

2017年1/13(金)-23(月)12:00-18:30  1/17(火) 休み

ウォーターマーク アーツ&クラフツ

WATERMARK arts & crafts  186-0002 東京都国立市東2-25-24-2F 042‐573-6625


posted by shimizu_noriko at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ノエルの贈り物 Cadeau de Noël | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

あけましておめでとうございます。 渡邊加奈子展 ーDrop of light

あけましておめでとうございます。
「ノエルの贈り物」の後はすぐにアートフェアと続き、その他まだ終わらない案件も山積みですが、
世の中はあまりいい方向へ動いておらず、それでもこうして、ごくごく平凡に年を越せる喜び、年々強く感じるようになりました。皆さまの新年が心穏やかなでありますように・・・

「ノエルの贈り物展」120枚以上のカードが皆さまのお手元にもらわれて行きました。どうもありがとうございました!
最終的な寄付額のご報告は、もう少々お待ちください。

2017年最初の企画は、WATERMARKでは初めての個展、「渡邊加奈子展ーDrop of lightー」です。
お母さんになったばかりの渡邊さん、どんな世界を見せてくれるのでしょうか。

lullaby-girl-35×36.jpg
Lullaby girl 35×36cm 2016 木版

冬の早朝、制作部屋が朝日で赤く染まります。
ほんの数分ですが、身体の底にも透明な赤が差し込んだように、
あたたかく感じられます。
朝の光が摺りこまれた、そんな作品を目指しました。
多くの方にご高覧いただけば幸いです。

渡邊加奈子


渡邊加奈子さんの版画作品は、何とも言えない魅力に溢れています。
黒にここまで温かみを感じる作品を他に知りません。
和紙の表と裏から二、三十回と版木を摺り重ねて生み出されるその世界は
過去と現在と未来を繋いでいるかのよう。 
生まれる前からの世界と、朧げだけど記憶の奥底に眠っている夢の世界を
繋いでいるかのようにも見えます。
それは最古の写真技術であるダゲレオタイプ(銀板写真)のように
本当に写しとりたいものだけを、時間をかけて丁寧に、永遠に再生させる
作業にも似ているように思えます。
モノクロームの静寂、深淵な移ろいの世界。ぜひご覧ください。

✳︎ 1/14(土) 18時よりお飲物をご用意おります。

Biography
2004: 多摩美術大学大学院美術研究科 絵画専攻版画研究領域修了
2011: 鹿沼市立川上澄生美術館木版画大賞展大賞
2013: 飛驒高山現代木版画ビエンナーレ大賞 ( ‘09 優秀賞,’15 協賛賞)
2015: 東京国際ミニプリントトリエンナーレ 審査員賞
2016: International Biennial Print Exhibit(台湾) Special Jury Prize賞 他 
収蔵:多摩美術大学美術館、町田市立国際版画美術館、川上澄生美術館、飛騨高山市、ベネトン財団 他


posted by shimizu_noriko at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | prints 版画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする