2016年08月30日

本屋さん オープンします。


といっても、二週間だけですが。

Books展.jpg


WATERMARK arts & BOOKs 展


WATERMARK arts & crafts では、2週間だけの書店をオープンします。
本屋でお気に入りの一冊を探すこと。書籍のデジタル化やネット注文が進み、そんなごくあたりまえのことが、減りつつあります。
なおのこと「美しい本」に対する憧憬がますます深まっているのではないでしょうか。
求めていた本に出会う喜びをふたたび思い出し、本の手触りや香り、懐かしさを感じるような展示。
版画・ドローイング・オブジェ・陶などによる 世界にひとつだけの「本」はたくさんはご用意できませんが、 販売いたします。 また各アーティスト自身の蔵書の中から「自分にとっての思いを込めた一冊」を選んで いただき展示いたします。
店主が集めたお気に入りの本も置いておきますので、ご自由にご覧いただけます。
それぞれの世界観を共有するきっかけになる「本」と「作品」。
ぜひご高覧くださいませ。 

展示会概要
会 期:2016年10/21(金)-11/5(土)火曜休み
時 間:12:00-18:30
会 場:WATERMARK arts&crafts 東京都国立市東2-25-24 2F phone 042-573-6625 
    http://watermark-arts.com/  
展示作品: 版画・ドローイング・オブジェ・陶など (販売)
参加作家(敬称略) 岩切裕子 田中彰 渡邊加奈子 溝上幾久子 矢尾板克則

INFOMATION
田中彰さんが運営されているカフェギャラリーで自家焙煎しているコーヒー豆(オリジナル版画付き)も販売いたします。 会期中、ご希望のお客様にコーヒーを試飲していただく予定です。
10/22(土) 16:30〜 ささやかなオープニングパーティーを開催いたします。

posted by shimizu_noriko at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | art | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月29日

夏休みも間もなく終わりですが、夏休みのオススメ − 開発好明:中2病 展 

IMG_4703.JPG

中二病とは、「中学2年生前後頃の思春期に見られる、背伸びしがちな言動」を自虐する語。転じて、思春期にありがちな自己愛に満ちた空想や嗜好などを揶揄したネットスラング。(Wikipedia より)
これまでの作品群を一堂に会し、とどまるところを知らない開発好明さんの制作欲・脳内を体感できる展覧会でした。

美術館にもっとも行かなくなる世代、中学から高校の男子に最もおすすめします。
悶々としている中二病世代(私のような大人も含む)。美術館を後にした時には、自分だけじゃないんだ、こんな大人がいてくれるなら、きっと大丈夫だ、と開発さんからエールを送ってもらった気持ちになるでしょう。
(開発さんは会期中ほとんど滞在されているそうなので、本当にエールをもらえるかもしれません。)

私自身も自分がサブカル系だと気付いたのはたぶん中二の頃。あの頃夢中になった音楽、映画、アートがその後の自分を形作って、何かが始まった時期なのは間違いありません。
子供のいるお父さん、お母さん。後先考えず、何かに夢中になっていたころを思い出したい大人たち。進路や将来・世の中の出来事に不安を感じている若者にもオススメです。

2月に開催した「IMAGINE FUKUSHIMA展」で、開発好明さんの新作「新世界ピクニック」を展示させていただきましたが、その新作写真をメインとした開発さんの初作品集がリトルモアより、7月に出版されました。
私たちも、3月に南相馬〜三陸に同行しまして、僭越ながら開発さんの撮影の一部お手伝いさせていただきました。その時の写真も含め、震災以降の開発さんのアートワークをご紹介する内容となっています。一般書店他、Amazonなどでも販売されています。

FullSizeRender.jpg

今の若いアーティストたちは、スタイリッシュでカッコよく決めるのが上手いなあと思う一方、開発さんのようにとことん泥臭く表現する人はほとんどいない気がします。もしかしたら開発さんは、自分の体を虐めて、泥臭く表現する、最後のアーティストなのかもしれない。。とふと思いました。

開発好明さんの「ひとり文化祭」、−開発好明 中2病 展 
市原湖畔美術館で9/19まで開催されています。

FullSizeRender 2.jpg


posted by shimizu_noriko at 01:28| Comment(0) | TrackBack(0) | IMAGINE FUKUSHIMA・震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月28日

新設ホテルでのコミッションワークが完了しました

今年の3月から続いていたホテルのプロジェクト、京急イーエックスインのアートワーク。4件目にしてラストの東銀座が先日完了しました。ホテルは8/25からオープンしています。

今回のコミッションワークは「江戸」と「モダン」をミックスしたイメージを思い描きながら取り組んだものです。

ロビーラウンジと13層ある各階エレベーターホールには、6月にWATERMARKで個展を開いたばかりの柏木直人の作品。反物のごとく波打つレリーフやマカロンのようなオブジェは、いずれもFRPで作られたレリーフです。
IMG_3165.png

IMG_3166.png

IMG_3108.png

IMG_3171.png


IMG_3173.png


IMG_3187.png

エントランスには中澤慎一のペインティング。銀と翠のコントラストがシャープな抽象絵画。
IMG_3096.png


IMG_3093.png

客室は全室、佐久間康介のグラフィック。むかしは縁日の屋台でよく見かけた「スピログラフ」を使って文様を描いてます。
IMG_3195.png

IMG_3198.png

これから多くの方々が訪れることになると思います。作品がたくさんの来館者の目に留まり、興味をもってもらえれたら嬉しいです。


京急イーエックスイン東銀座
http://www.higashiginza.keikyu-exinn.co.jp/