2016年01月31日

初めてクラウドファンディングに挑戦してみます。



時間があまりありませんが、MotionGalleryよりプロジェクトがリリースされました。クラウドファンディングでご支援を募っています。
1口3,000円から応援いただけますので、皆さまに応援いただけましたら大変嬉しいです。

震災から5年を迎える第三回は、さらに月日が経ち、福島への関心が薄まっているのは明らかな状況です。特に今回、作品販売を主たる目的としておらず、新井卓さんと開発好明さんお二人の代表作を、スペースを借りて展示するため、設営会場費・輸送費・保険代など様々なコストがかかります。また開発好明さんは、南相馬での新たなプロジェクト「愛銀行」の展示およびワークショップを予定しています。開発さんも震災以降、数え切れないくらい東北での活動を続けており、今回の展示における制作費、作品輸送費などお渡しできたらと思っています。

今回目標としている 金額は、設営会場費・輸送費・保険代・制作費など展覧会そのものを開催するコストのみです。もしも運営費よりも多くの目標額を達成した場合は、「未来の福島こども基金」へ寄付させていただく予定です。その場合、HP, facebook, Motion Gallery などを通じてご報告いたします。(私腹を肥やすことはしませんので、ご安心ください。笑)
美術館クラスの作品を無料でご覧いただけることにより、より多くの方に見ていただきたい、より多くの方の心に届けることができたらと思っています。

「第三回 IMAGINE FUKUSHIMA展」
ー新井卓+開発好明 Arai Takashi+Kaihatsu Yoshiakiー
2016年2/18-23 11:00-18:00( 2/23 16:00まで)
開発さんによるワークショップを開催します。初日2月18日(木)と最終日2月23日(火)14時から予定しています。どなたさまも手ぶらでご参加いただけます。
コートギャラリー国立にて
東京都国立市中1-8-32 (JR国立駅南口徒歩1分)TEL:042-573-8282 
協力:PGI
問い合わせ WATERMARK arts and crafts / info@watermark-arts.com

続きを読む
posted by shimizu_noriko at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | IMAGINE FUKUSHIMA・震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月27日

三回目の旗を揚げました。

今週、溝上幾久子展と爲金義勝展が無事終了しました。雪や寒波の中、わざわざ足をお運びいただき、どうもありがとうございました。今回もたくさんの出会いをいただきました。


IF3_flag_3.jpg


息つく暇もありませんが、次の「第三回IMAGINE FUKUSHIMA展」の準備に取り掛かっています。
初めての現代美術の展示。プレス、展示方法、作品取り扱い、資金集め、すべてが不慣れで緊張しています。
2012年の第一回の際は、来場者も寄付額も予想を超える結果となりましたが、2014年の第三回では寄付額も五分の一となりました。震災から5年を迎える今回は、哀しいかなプレス関係や周囲の反応も薄く(私たちの力不足ももちろんありますが)、四苦八苦している状況。月日が経ち、自分自身も含めて関心が薄くなっているのはやむなしの面もありますが、それでも少しでも抗いたい気持ちです。アーティストが傷つきながら体を張って制作しているのに比べたら、たいした労苦ではないですね。。。
今回は販売を主たる目的としておらず、少しでも多くの方にアートも持つ「チカラ」を見ていただくことが最大の目的です。
今回もフライヤーのデザインは堀江健一さんにお願いしました。
一番寒い季節ですが、ぜひぜひ足をお運びくださいませ。


IF3_DM_0125-1.jpg


IF3_DM_0125-2.jpg



「第三回 IMAGINE FUKUSHIMA展」

ー新井卓+開発好明 Arai Takashi+Kaihatsu Yoshiakiー

2016年2/18-23 11:00-18:00( 2/23 16:00まで)コートギャラリー国立にて(企画WATERMARK)

東京都国立市中1-8-32 (JR国立駅南口徒歩1分)TEL:042-573-8282 

協力:PGI

問い合わせ WATERMARK arts and crafts / info@watermark-arts.com

入場料無料

posted by shimizu_noriko at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | IMAGINE FUKUSHIMA・震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月19日

溝上幾久子展「キャラメリゼの夜」1月16日(土)〜24日(日)

2016溝上幾久子展s.jpg

現在開催中です。
新作版画8点+ミニ版画数点、油絵4点、ドローイング数点、ハンズボン映像展でいままで上映された溝上さん監督のアニメーションを端末でご覧いただけるようにしています。またカード作品、旧作の版画作品もファイルでご覧いただけます。

IMG_3597.jpg


本の装丁も多く手がけ、ご自身も独自の「ことば」による表現にこだわる溝上さん、お知り合いの文筆家や詩人、作家の方が多くお見えになりました。
今回は、モデルを頼んで、初の油彩の人物像も展示しています。
モデルの方に、10の質問をして、その答えから着想して、場面設定、イメージを構築していくという方法です。
版画家というくくりにとらわれない、引き出しの多い「溝上ワールド」をぜひご覧ください。

IMG_3603.JPG

IMG_3590.JPG

キャラメル包み1.jpg

溝上幾久子展 「キャラメリゼの夜」
Mizokami Icuco -Caramelization and flood
銅版・ドローイング・映像など
2016年1/16(土)-24(日)
12:00-18:30 最終日17:00まで
〒186-0002 東京都国立市東2-25-24 工藝火水土2F TEL 042-573-6625

WATERMARK arts & crafts
2-25-24-2F,Higashi,Kunitachi-shi,
TOKYO,JAPAN zip : 186-0003
tel : 81-42-573-6625


posted by shimizu_noriko at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | art | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月13日

終わりのない旅 - 爲金義勝展


2016-為金義勝展2.jpg

新年最初の展覧会は、爲金さんの木版画による新作を中心に、過去の作品からもセレクトして展示いたします。 人生はよく旅に例えられますが “ゴール -destination に到達することばかりでなくその途中の今 -journey を楽しむ日々を” 作品からはそんなメッセージが伝わってきます。 新しい年が皆さまにとりまして良き日々となりますよう、祈りを込めて。
(個展案内状より)

爲金義勝さんの作品は、コラグラフを併用した木版画ですが、マチエール版を使用していることにより、紙にぐっと表情が出て、版画とは思えない質感を生み出しています。また抽象画でありながら、金箔や雲母摺を施しているため、工芸的な美しさも加わり、洋と和がひとつの画面に溶け込んでいる不思議な魅力があります。海外のコレクターが多いのも頷けます。
画面に現れているカタチは、具体的なモノから派生しているものもありますが、
「幼い頃の夢、明日への希望、家族への愛、記憶、音楽 …など 我々にとって本当に『大切なもの』は形にならないものだけど、私の仕事はそれを目に見える形にすることだ」と、作者は言います。
爲金さんの作品の最大の魅力である明快な形と色、だから我々の心に届く、響くのでしょう。

 1月16日(土)・17日(日)・22日(金)・26日(火)の13時〜17時は爲金さんが在廊予定です。
皆さまのお越しをお待ちしております。

2014-旅先からT(霊峰)小サイズs.jpg


爲金義勝 Yoshikatsu TAMEKANE 
1959年兵庫県西宮市生まれ。 
関西学院大学商学部卒業。創形美術学校研究科版画課程修了。在学中、堀井英男に師事。 
1991年〜1994年パリに滞在、2003年より1年間、文化庁在外研修員として、アメリカ・ペンシルヴェニア大学美術学部大学院にて研修。 


爲金義勝展-終わりのない旅
Tamekane Yoshikatsu-Journey without destination-
木版 woodblock & collagraph
2016 1/15(金)-26(火) 11:00-18:00
19・20日休み/最終日17:00
会場:Gallery みるめ http://mirume.com/gallery/
住所: 〒182-0024 東京都調布市布田2−32−8 電話:042-488-2120
作家在廊日 1月16日(土)・17日(日)・22日(金)・26日(火)の13時〜17時


posted by shimizu_noriko at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | prints 版画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月09日

あけましておめでとうございます。 「ノエルの贈り物展」ご報告 その2

あけましておめでとうございます。
仕事をしなかったのは元旦と2日くらいで、なんだかんだで結局仕事の年末年始でした。
年明けから不穏なニュースに心動かされますが、自分のやるべきことをやって、それらに安易に振り回されないで強くなりたいものだ・・と思う新年。
今年は彫刻の作家の個展をいくつか、そしてできたらアートフェアなど新しいことにも挑戦したいと思っています。若手の有能なディーラーさんがたくさん出てくる中、我々はメインストリームから外れたところから出発していて、ずっと脇道を歩いてきたもので、どこまでできるのかは不安な気持ちもありますが。笑

IMG_3531.jpg
遅くなりましたが「ノエルの贈り物展」のご報告です。22名の日本とフランスのアーティストによるハンドメイドのカード作品、トータル124枚販売となり、カード売り上げの20%の¥68,500を「未来の福島こども基金」さま宛に昨日ご寄付させていただきました。
前回よりフランスのアーティストのカードがたくさんもらわれていきました。お客様は口に出しておっしゃりませんが、あのようなテロの事件の最中にご参加くださった、フランスの方への応援のメッセージも込められているのでは、と思います。
皆さまどうもありがとうございました。
次は、2/18からコートギャラリーでの「第三回IMAGINE FUKUSHIMA展 新井卓+開発好明」
引き続きどうぞ宜しくお願い致します。



posted by shimizu_noriko at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ノエルの贈り物 Cadeau de Noël | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする