2015年10月30日

「to get back home」

「Home, sweet home 岩切裕子 + 岡田まりゑ二人展」本日より始まりました。

IMG_3182.jpg

小説も歌も映画もアートも「home」を題材にしたものは、世の中に数知れず、たくさん溢れています。
それでも、多くに人にとって永遠のテーマ「home」。
私事ですが、私は故郷を失った経験も、家を探し続けたこともありません。
ごくごくありふれた人生で、長野と福島の両親の間に、埼玉で生まれ、川崎で育ち、東京(国立)で生活を始め、何回も引越しをして、はて私の「家」はどこだろう? 貸家のせいもあってか、具体的に心に浮かぶ「家」がありません。
この歳になっても終の住処も、イメージできていません。
それでも’home'という言葉には、とても切なさを抱きます。
ロシアがまだソ連だった頃、お金が貯まるとすぐにバッグパッカーをしてましたが、旅先で朝起きて最初に考えることは、今日は何を見よう?より「今日は何を食べよう?今晩はどこに泊まろう?」
駅で一人で寝る勇気は持ち合わせてなく、日がすっかり暮れても宿が見つからないと、初めての街で、言葉もわからず、とりわけ冬だったりすると心細くなるばかり。。。家の灯りを目指して、ようやく辿りついた宿が向かい入れてくれると、まるで「我が家」に帰ったような嬉しさがこみ上げてきます。
遠く離れれば離れるほど、思い出す自分の「家」
「家」とは物質的なものではなくて、たぶん「想い」そのものなのかもしれません。

togetbackhome.jpg  

岡田 まりゑさん新作「to get back home」
二人展の展覧会タイトルを「Home,sweet home(埴生の宿)」にしたいとお伝えしたら、「BEATLESの『Golden slumbers』の歌詞・・Once there is a way to get back homeward…を思い出しました。」とすぐにお返事をいただきました。私がまさにイメージしていた原風景と曲・・。
新作のタイトルは「to get back home」・・ 今はもう存在しない、家へと続く道。

まりゑさんの作品は、やさしい色使いのものが多いのですが、なぜだかとても切なさを感じます。
家のモチーフもとても小さく、どこか儚げで、地面に建っているのか、空を飛んでいるのか、心象風景なのか
私の想い描く「家」を表現してくれている、と勝手に思っています。

「今は私の居場所はあるけれど
「家」という言葉は私には
なにかセツナイ。。。
そんなキモチを込めた作品たちです。」
まりゑさんのコメントです。

「Home, sweet home 岩切裕子 + 岡田まりゑ二人展」 10/30(金)–11/8(日) 11/4休み
10/31(土)夕方よりお飲み物をご用意しています。作家をお迎えしてのささやかなパーテイーです。お気軽にお越しください。



posted by shimizu_noriko at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | prints 版画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月10日

Home, sweet home 岩切裕子 + 岡田まりゑ 二人展



HomeSweetHome.jpg

この度、岩切裕子+岡田まりゑ 二人展を開催いたします。岩切裕子(木版)と岡田まりゑ(銅版)は、日本の版画において活躍する代表的な女性作家であると同時に、後続する若手版画作家たちの憧れの存在でもあります。まるで「絵画」を描くように 木版の可能性を限りなく広げている岩切裕子。「パステルや絵の具で『描いた』ような版画を作りたい」という岡田まりゑは、一版多色摺りで、銅版では不可能と思われていた淡いトーンの作品を生み出しています。同世代で活躍している二人ですが、意外なことに二人展は初めての開催となります。日本だけが独自に発展させていった版画の奥深さ・可能性をあらためて皆様にご紹介させていただきたく、ご案内申し上げます。


岩切裕子 IWAKIRI YUKO

東京に生まれる 1988 多摩美術大学大学院美術研究科修了(木版画専攻)

平成元年度文化庁芸術家国内研修員 平成12年度文化庁買上優秀美術作品 第14回ソウル国際版画ビエンナーレ 買上賞など受賞多数。国内・国際展多数。

収蔵先: 文化庁、町田市立国際版画美術館、宮崎県立美術館、相生森林美術館、黒部市美術館、練馬区立美術館、須坂版画美術館、国立浙江省美術館(中国)、北武絵画記念館(札幌市)


岡田まりゑ

横浜に生まれる   武蔵野美術大学卒業

第2回国際ミニプリントビエンナーレ 第6回ミヤコ版画賞展 山本鼎版画大賞展 など受賞多数。国内・国際展多数

収蔵: 佐喜真美術館(沖縄) ニューサウスウェールズ州立美術 (オーストラア)、グラフィクセンターギャラリー (リトアニア ) クルージ国立美術館(ルーマニア)ティコティン美術館(イスラエル)


Home, sweet home

岩切裕子 + 岡田まりゑ 二人展

(版画・ドローイングなど)

2015 10/30(金)–11/8(日)12:00-18:30 ※11/4休み / 最終日17:00まで 入場無料

✴︎10/31(土)17:30よりささやかなオープニングパーティーを催します。 



大きい家、小さな家、夢の家、懐かしい家、壊した家、失くした家

人それぞれ、思う家は違うけれど、生きているあいだずっと探さずにいられないもの。

そんなイメージが浮かぶおふたりの作品、初の2人展です。


「Home, sweet home (埴生の宿)」より一部

Mid pleasures and palaces,

Tho’ we may roam,

Be it ever so humble,

There’s no place like home,

宮殿での享楽もあろうが

粗末なれど 我が家にまさる所なし


※岡田まりゑブログ http://malie.exblog.jp/


HomeSweetHome2.jpg

ウォーターマーク アーツ&クラフツ

WATERMARK arts & crafts  186-0002 東京都国立市東2-25-24-2F

042‐573-6625

info@watermark-arts.com

http://watermark-arts.com/



posted by shimizu_noriko at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | art | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月03日

クラフト市始まりました。 <10/11まで>

CRAFT市2015.jpg
初めての「クラフト市」を開催中です。 たんなる用途としてのクラフトでなく、フォルムが美しく、暮らしを 豊かにしてくれるアートとしての作品を選びました。 自信を持ってお勧めする五人の作家の仕事をぜひご覧ください。

榎本悦子(磁器)/櫻木綾子(磁器)/鈴木稔(陶器)/松野章弘(磁器)/松尾一朝(ガラス・アクセサリー)

IMG_3060.JPG
松野章弘さんの「タマゴシリーズ」無釉の磁器の焼きしめを研磨して仕上げています。


IMG_3061.JPG
こちらも松野さんのボウル。ひとつの作品に磁土と陶土を使用されていて、磁器でありながら温かみを感じさせます。シンプルで美しいフォルムは、見て楽しく、飽きのこないうつわです。


IMG_3062.JPG
櫻木綾子さんは磁器による鋳込みの作品。左は「竹デミカップ」 右は蓋物で「雪の城」


IMG_3070.jpg
こちらは櫻木綾子さんの maru plate シリーズ。もちろんお皿としてお使いいただけますが、ランダムに並べると、インスタレーションのようになります。 


IMG_3074.jpg
榎本悦子さんも磁器の鋳込みの技法ですが、釉薬を使わず、表面を研磨して仕上げているのでマットな質感。

IMG_3076.jpg
手前は榎本悦子さんの「GARDEN」のシリーズ。

IMG_3077.jpg
松尾一朝さんのモザイクガラスによる箸置きと 点々小箱。

IMG_3052.JPG
松尾一朝さん

IMG_3068.jpg
鈴木稔さんはケルト模様の作品を中心に。

IMG_3050.jpg
新作の植木鉢も展示しています。多肉植物を活けてみました。

2015 10/1(木)-11(日)12:00-18:30
10/11 17時まで 10/6休み






続きを読む
posted by shimizu_noriko at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | craft | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする