2015年03月25日

Zhou Hao 周豪展  前期 -Improvisation- 始まりました。

周豪展.jpg

【前期】 improvisation 2015. 3. 21Sat - 30Mon 
ー 版画、墨絵、ドローイング、オブジェを中心にー
始まっています。
初日の21日は、開店前からお客様がいらっしゃり、ファンの方、コレクターの方で賑わいました。
オープンと同時にこんなに混んだのはWATERMARK開店して初めてのことではないでしょうかー。
周豪展会場風景1.jpg

周豪展会場風景2.jpg

前期は紙を支持体にした作品を展示。(後期4/11〜は油彩作品のみ)
Atelier Rémy Bucciali工房(フランス)にて2008年と10年に制作した銅版画シリーズを一緒に展示するのは今回初めてだそうです。
また大作のためのエスキース(未発表の水彩画)、モノタイプ、紙版画、レリーフ、紙立体、墨絵なども展示。この狭いスペースに周さんの世界が展観できる内容を目指しました。
展示してみて、なんとこの小さなスペースに合うのだろうとびっくり。

写真-2.jpg

FullSizeRender-1.jpg

違う素材を使えば、表現方法は自ずとまったく変わる。その素材でしか表現できないものを追求されています。
また「表現と再現」は違うとおっしゃっていました。見たもの、感じたものを描くのは再現であって、表現とは違う、
何にも見えないかたち、描き手の意図を見せない作品、描き手側が何も押し付けない表現を目指しているそうです。
頭の中にイメージしたものをイメージ通りに描くことは、結末がわかる推理小説を読むように、つまらないともおっしゃっていました。
WATERMARKでは初めての完全なミニマルな抽象作品展。ぜひご覧ください。
3/28,3/29も周さんは在廊くださる予定です。
武蔵美の学生だったころ、周さんは立川に住み、国立にもよくいらしていたそうで、街の変貌ぶりに驚かれていました。




posted by shimizu_noriko at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | art | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月12日

「PASSING」 ーあの日のこと

passing.jpg

第一回目のIMAGINE FUKUSHIMA展にご協力くださった、写真家のおおくぼひさこさんが新しい写真集「PASSING」をこの春出版されます。(4/10から同名の展覧会も開催されます。)
写真集のデザインは、WATERMARKのロゴやIMAGINE FUKUSHIMAなどのデザインなどいつもうちがお世話になっている堀江健一さん。
私の憧れの人と友人が、ひとつのものを作り上げる・・。こんな素敵な組み合わせに、まるで自分の夢が叶ったみたいに興奮しています。ある意味、自分の夢も叶ったのかもしれません。
以下堀江さんの文章を転載させていただきます。あふれる気持ちが手にとるようにわかるし、思い続けることがどんなに大きな力になるか、教えてくれるコトバなのです。

【写真家 おおくぼひさこさん】
ぼくが生まれてはじめて買った写真集は中学2年の時、女性アイドルでもヘアヌードでもなく「RCサクセション」の写真集でした。RCサクセションは中学1年の時から今に至るまで、ぼくのいちばん大好きなロックバンド。何度も何度もコンサートに行ったし、レコードが発売される1ヶ月も前からノートに「あと◯日」って書いて楽しみにしていたし、いまでもいつも聴いてるバンド。その人たちの写真集を撮ったのがおおくぼさん。
彼女はRCサクセションのギタリストである仲井戸麗市(通称チャボ)の奥さまです。RCのレコジャケはもちろん、世の中で目にするRCの写真のほとんどは彼女の撮ったものだったし、コンサートに行けばステージ前でカメラを構えるおおくぼさんの姿を見かけることもあった。チャボは「妻が大好きだ」と公言する、ぼくの唯一の信頼できる大人だ。ふたりの仲はぼくにとって日本のジョン&ヨーコと言ってもいいくらいに素敵に映っていたし、ファンのみんなも同じように思っていたはずだ。
ところで、恥ずかしながらぼくは一度だけ有名人にファンレターを書いたことがある。それが仲井戸麗市だ。その手紙には思い出したくないくらい恥ずかしいことをいっぱい書いたんだけど、はっきり憶えてることがひとつある。「ぼくはデザイナーとしてちゃんとした人になったら、いつか、デザイナーとしてあなたたちに会いたい」というなんとも青臭い内容……あぁ、いま思い返しても恥ずかしい……!

それから20年くらい経って、いくつかの偶然からその夢がちょっとだけ叶ったのが3年前の3月。友人であり恩人でもある清水夫妻が企画されたIMAGINE FUKUSHIMA展という展覧会、そこにおおくぼひさこさんも参加されていたのだが、展覧会のDMやフライヤーのデザインを担当していたぼくをご本人に紹介してくださったのだ。ぼくは舞い上がった。だって目の前にいるのがおおくぼさんとチャボだもの。「デザイナーの堀江さんです」だなんて紹介されて、嬉しくないはずがない。しばらく会話をしていただき、図々しくもお二人のサインなんていただいてその場は終わった。その場で終わった。

興奮が冷めると、
ちょっとさみしかった。

……去年の秋。突然、おおくぼさんからメールをいただいた。「スケジュールが合い、もしもわたしの写真に興味を持っていただけるのであれば、春に出版する写真集のデザインをお願いできないか」。ぼくはびっくりした。こんどは舞い上がったなんてものじゃない。これがどんなにうれしいことなのか、どんなに大事件なのか、とても言葉では言えない。「わたしの写真に興味を持っていただけるのであれば」だなんて……こっちは30年以上前から興味津々なんですよ!

……それからの3ヶ月、幾度となく事務所にお邪魔し、打合せを重ね、ようやく春に本が出来上がります。タイトルは『PASSING』。おおくぼひさこさんの5年ぶりの写真集は、とても静かでとても強い傑作。「いま、形にしておきたい」と、何度もおっしゃっていたのが印象的でした。機会がありましたらぜひ、お手にとってご覧ください。
4月10日からは新宿で写真展もはじまります。
一生懸命手伝わせていただきました。よろしくおねがいします。

-----------------

くしくも今日は3月11日。(記事をアップした時点で翌日になっちゃいましたが)
震災・原発事故後、自分ができることで、それを仕事として何かを表現しなくては、とたくさん悩んで、たくさんの方にご協力いただき、ちょうど3年前にスタートさせたIMAGINE FUKUSHIMAという展覧会。
そして第三回目は来年2/18-23にコートギャラリー国立で開催します。第三回は今までとは異なったアプローチになるかもしれません。

*第一回のIMAGINE FUKUSHIMA展のときにおおくぼさんが出展くださった写真作品はこちらでご紹介しています。
おおくぼさんのご意向で現在もWATERMARKで販売を継続しています。作品代の35パーセントをご希望の支援団体に寄附させていただております。
「忘れない」と年に一度言うことはそれほど難しいことではありませんが、それをカタチに残して、身近に置いていただき、日々「思い続けて」いけたら・・という気持ちから続けています。
ご興味もっていだけたら嬉しいです。





posted by shimizu_noriko at 06:44| Comment(0) | TrackBack(0) | IMAGINE FUKUSHIMA・震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月07日

「Thank you ART Day サンキューアートの日」始まりました。

2015.3.14(土)まで。12:00-18:00 *3/10休み@WATERMARK arts and crafts
昨日から始まりました。 3/7,3/8は国立の商店街のイベント「くにたちミモザ散歩」も開催中ですので、お客様にミモザの小枝をプレゼントしています。
IMG_1855.jpg

岡田まりゑさんの「どこかで出逢うモノ」


展示作品の一部をご紹介。
在庫一掃などではまったくなく、各アーティストのお勧めしたい作品ばかりをピックアップしてみました。いわゆる私にとってのお気に入りのCDのベスト盤ともいうべき、「ベストセレクション」のつもりです。(ある意味自分の好みが色濃く出ています。笑)しかも一部の作品は10%OFF。WATERMARKの掘り出し物は、一年に一度の39アートの日でしかご紹介しておりませんので、ぜひこの機会をお逃しなく。
会期中、展示替えします。

初めてご紹介するイブラヒム恵美子さんのガラス絵。
IMG_1852_2.JPG


IMG_1853_2.JPG


竹崎勝代さんの版画作品は代表作をピックアップ。壁付けのオブジェは新作です。
10172621_923111334406176_1662391574306929930_n.jpg

竹崎勝代さんの珍しい古い作品「Fuji」
1505642_923111407739502_3679721655804933733_n.jpg

西村暁子さんの和紙のパネル作品
「春・雪・若草」「はじまりの日」「収穫と長い冬の夜」「しとしと」
IMG_1856_2.JPG

松尾一朝さんは、新作のガラスのアクセサリーを中心に。
1661773_923111274406182_1816869273712642093_n.jpg

笠井正博さんの作品は、他にもシートでたくさんご覧いただけます。
IMG_1847.jpg

武田史子さんの旧作「イプシロンの塔」(絶版)
11046761_923111387739504_2894662585226463970_n.jpg

為金義勝さんと坪内好子さんの銅版画。他にもシートでご覧いただけます。
11026260_923111421072834_3612186056504470486_n.jpg

お待ちしています。





posted by shimizu_noriko at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | art | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする